未分類

個人再生の内容について

ここでいう「個人再生」とは、我が国日本における倒産処理制度の1つにあたるものであり、民事再生法の13章の規定にもある法人をのぞく一私人などの債務者における返済負担の圧縮やそのための返済計画の立案などを行うための手続きをいいます。

これには小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

まず小規模個人再生は、将来的に継続してあるいは反復をして、収入を得ていける見込みがありすのうえ、再生債権の総額が5千万円を超えない範囲の個人債務者が行う、民事再生法13章1節にある特則の適用がなされる形の、民事再生手続きになります。個人再生自体は個人事業主や小規模事業経営者などによる申し立てのものが多く、この形のものが多い傾向があります。

そしてもう1つの給与所得者等再生に関してですが、小規模個人再生の申し立てが可能な方のうちで、給与あるいはそれに該当する定期的な収入のある、あるいはそれが有り得る方のうちで、その収入の幅のブレが小規模な状態が見込まれる方が行う、民事再生手続きの事をいいます。

何れの両者共々、再生手続きの際には、債務者本人が破産決定を受けたりした場合、債権者がその際に受けられる予想配当額である清算価値を試算したうえで、それを下回らない額を債務者側が弁済する必要性がありますが、債務者本人側に資産そのものが無いような場合にはそのまま破産宣告と同じ法的効果があり、債権者側としては弁済を受けられません。このような以上の、個人再生に関しての内容になっています。

コメントする