未分類

借金と任意整理

15年ほど前、就職したばかりの時に、引っ越しの資金が必要になり銀行系のカードローンに手を出したのが借金生活の始まりでした。最初に借りたのは月々3千円の返済で7万円でしたが、全く危機感が無く、これくらいの返済は無いのと同じだと高をくくっておりました。

自分でも情けない話、それからはギャンブルや飲み代などでお金が足りなくなっては新たに借りるという生活でした。

それがどんなに危険なことで、自分の首を絞めることか、早い段階で気づくべきですが、そういう現実から目をそむけて、目の前の快楽におぼれていたような気がします

債務整理という方法を知って弁護士に依頼しましたが、今では幸せに暮らしています。

最近では、この債務整理の減額額をネットでわかる債務整理シュミレーターというものがありますので、借金でお悩みの方は下記リンクよりぜひ使ってみてください。
債務整理口コミと評判

未分類

個人再生の内容について

ここでいう「個人再生」とは、我が国日本における倒産処理制度の1つにあたるものであり、民事再生法の13章の規定にもある法人をのぞく一私人などの債務者における返済負担の圧縮やそのための返済計画の立案などを行うための手続きをいいます。

これには小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

まず小規模個人再生は、将来的に継続してあるいは反復をして、収入を得ていける見込みがありすのうえ、再生債権の総額が5千万円を超えない範囲の個人債務者が行う、民事再生法13章1節にある特則の適用がなされる形の、民事再生手続きになります。個人再生自体は個人事業主や小規模事業経営者などによる申し立てのものが多く、この形のものが多い傾向があります。

そしてもう1つの給与所得者等再生に関してですが、小規模個人再生の申し立てが可能な方のうちで、給与あるいはそれに該当する定期的な収入のある、あるいはそれが有り得る方のうちで、その収入の幅のブレが小規模な状態が見込まれる方が行う、民事再生手続きの事をいいます。

何れの両者共々、再生手続きの際には、債務者本人が破産決定を受けたりした場合、債権者がその際に受けられる予想配当額である清算価値を試算したうえで、それを下回らない額を債務者側が弁済する必要性がありますが、債務者本人側に資産そのものが無いような場合にはそのまま破産宣告と同じ法的効果があり、債権者側としては弁済を受けられません。このような以上の、個人再生に関しての内容になっています。

未分類

自己破産の特徴とメリットについて

生活をしていく上で必要なモノと言えばお金だと多くの人は思うものです。最近では消費者金融などから気軽に借り入れが出来る時代になりました。

その中で、多額の負債を抱えて、支払い不能となって行き詰まったときに、生活を立て直す最後の手段として残された方法が自己破産です。

自己破産すると法律上、借金の支払い義務を免責されます。原則上すべての借金の支払い義務が消滅する、債務整理の中でも最も強力な制度と言えます。自己破産をして裁判所に免責を認められると、普通の借金の消滅や保証人としての義務や滞納している家賃も含めて支払い義務がなくなります。

悩み続けていた借金が無くなるので、とても便利なものというイメージがありますが、自己破産をすると、その事実が信用情報機関に記載されます。ラックリストに掲載されることになります。そのため6年から7年は金融機関での借入やローンの利用が制限されることになります。

一般に人が目にすることはほとんどありませんが、自己破産の事実は官報にも掲載されます。自己破産をするメリットとして借金がなくなるという精神的にとても安堵感があります。借金の取り立てや催促の電話などから解放されて、人生を1からやり直す事が出来ます。

自己破産の手続きを円滑に進めるには、経験豊かな法律の専門家である弁護士に依頼するのが最良の方法といえます。

また、債務整理を希望する方は債務整理24時で減額幅がわかります。

自己破産を考える上では、悩みや不安点などをしっかり相談して行う事が肝要です。

未分類

現在の過払い問題をめぐる状況

過払い問題について解説します
過払い問題、具体的には、消費者金融会社に対する過払金返還請求の問題は、ここ20年近く、弁士業界、司法書士業界のホットな話題でした。1990年代から2000年代にかけて、一連の最高裁判例が出たことによって、グレーゾーン金利の問題に結論が出されました。その結果、過払金返還請求の法的根拠が確定し、弁護士、司法書士は、消費者金融各社に対する過払金返還請求を開始しました。
日本のバブル経済を支えてきた消費者金融業界は、今から考えると、かなり高額の金利(年利25%以上)を債務者から徴収していましたので、会社自体も大きくなり、内部留保金も相当溜まっていました。しかしながら、一連の過払金返還請求事件によって、消費者金融各社が返還に応じた過払金総額は、2兆円とも3兆円とも言われています。現在は、中小規模の消費者金融会社はことごとく潰れてしまい、残っている大手の消費者金融各社も、自ら単独で経営をすることは難しくなり、メガバンクの傘下に入るなどの体制変更を迫られました。
裁判所においては、特に簡易裁判所において、少額の過払金返還請求事件が民事事件の多くを占めていた時期がありました。しかし、現在は、かなり過払バブルも落ち着いたせいか、数自体は減ってきています。弁護士業界においては、過払金返還請求をはじめとした債務整理業務を専門に取り扱う法律事務所も複数設立されましたが、過払バブルの落ち着きに伴って、少しずつ事業規模を縮小させているようです。
このように、過払金返還請求の問題は、一時のバブル的状況を脱したと評価することができます。